English
HOME > 製品紹介 > 生産管理モジュール > その1
APS/生産スケジューラ[PlanWizard]は、特許(特許第3526516号、特許第4348333号)により保護されております。
生産管理モジュール

生産計画機能、MRP・資材計画機能、製品在庫管理機能等の様々な生産管理モジュールを高度に統合化・内蔵(スケジューラへの組込み)しているので、工場全体の最適化、計画スピードの超高速化、運用面での柔軟な対応が可能です。

生産計画・製品在庫管理機能

PlanWizardの生産計画機能は、タイムバケットの設定を製品毎に設定できるため、主力/非主力製品等の製品特性に合った生産計画の立案が可能です。生産計画立案の手法としては、複数の受注情報や販売予測等の情報をまとめて生産のオーダーを作成(統合化、納期は、まとめた中で最も早いものに設定される)したり、1件の月次総販売予定数量等の情報から複数の生産のオーダーを作成(分割化、納期は上旬、中旬、下旬等、設定された分割タイムバケットにより前ずらし設定される)することができます。
勿論、この時に製品在庫(計画上の在庫を含む)がある場合は在庫を考慮し、生産のオーダーを作成します。さらに製品毎の時系列の安全在庫(夏場は多く、冬場は少なく等の設定が可能)が設定されている場合は、安全在庫を割らないような生産計画を自動で立案することが可能です。生産計画、日程計画(スケジューリングシステム)、資材計画と連動して正確な納期回答を即座に行うことが可能です。また、製品在庫・ロット単位毎に受注情報への引当て明細(履歴)を管理することも可能です。        

基本ケース1、統合化

顧客や営業担当者から入る1件1件の受注情報を製品毎に設定した任意のタイムバケット(時間、日、週、旬1、旬2、月)にまとめて生産のオーダーを作成します。まとめる際にオーダー生成最低数量やまるめ数量等を考慮してオーダーの数量を調整し、作成することも可能です。例では、旬2(前半、後半)で単純にまとめられています。

・受注情報リスト

・生産計画立案後のオーダーリスト

基本ケース2、分割化

月次の総販売予定数量等の情報から、製品毎に設定した任意の分割タイムバケットにより、分割して生産のオーダーを作成します。
例では、旬1(上旬、中旬、下旬)で分割されています。

・受注情報リスト

・生産計画立案後のオーダーリスト

基本ケース3、安全在庫

製品毎に設定可能な時系列安全在庫の情報から、生産計画を自動立案します。受注情報や需要予測のデータが全くない場合でも、生産のオーダーを自動作成します。例では、受注情報に全くデータがありませんが、安全在庫を切らないようにオーダーが作成されています。

まとめタイムバケット

受注情報を月や週等の指定期間でまとめて生産。
製品毎に指定できます。

分割タイムバケット

販売見込量を週や旬等の任意の期間に分割。
製品毎に設定できます。

原材料在庫管理制約機能

原材料在庫の数量・納入予定日等を制約してスケジューリングすることができます。また、原材料在庫(ロット単位毎)の引当て明細を管理することができ、原材料在庫のロットトレースを行うことが可能です。また、製品ロットへの自動引当ての際のルール設定、手動による引当ても可能です。左下図の青色マーカーは、原材料納入予定日よりも早く(逆転して)生産が開始していることを表しています。
自動引当ての際のルール設定、手動による引当ても可能です。

原材料を制約した場合のスケジューリング結果

原材料を制約しなかった場合のスケジューリング結果

MRP・資材計画機能

スケジューリング結果から、原材料の資材計画を行います。PlanWizardのMRP・資材計画機能では、原材料毎に任意のタイムバケット(時間、日、週、旬1、旬2、月毎)を設定できます。
勿論、原材料に在庫(納入予定含む)がある場合は、在庫を考慮して資材計画を立案します。また、各仕入先業者のカレンダーも考慮することが可能です。

スケジューリング結果

製品Aの原材料情報

製品Bの原材料情報

発注ルールを「空白」にした場合のMRP実行結果

原材料マスター

発注ルール等を設定した場合のMRP実行結果

MRP引当て予定リスト(MRP実行時、自動的に作成されます。)

原材料在庫リスト

原材料在庫引当てリスト

中間在庫管理機能

半製品の必要数量を引当て製品群のスケジューリング結果より算出し半製品オーダーを作成します。生産計画・製品在庫管理機能と同様に半製品毎に任意のタイムバケットを設定することにより、必要半製品のオーダーをまとめて作成することも可能です。
オーダー生成最低数量、及び、丸め数量等の設定により、必要数量より多く作られた半製品は、中間在庫としてとして管理されます。さらに生産計画・製品在庫管理機能オプションを装備することにより、半製品オーダーの分割、半製品の時系列の安全在庫を考慮することも可能です。例では、半製品のマスターのオーダー生成最低数量フィールドに500が設定されているため、Step2では余分に半製品を生産しています。そのため、Step3では新たに半製品オーダーを生成しません。また、ユーザーが作成した半製品オーダーと製品群のオーダーを関連付ける(紐付ける)ことも可能で、様々な運用に対応できます。                      

Step1:製品側のスケジューリング結果

Step2:半製品オーダーを自動生成し、スケジューリングした結果

Step3:追加オーダーを取込み、スケジューリングした結果

   
株式会社ウィザードシステム研究所

Tel :03-5667-7281 Fax:03-5667-7282

E-mail: info@wizard-system.com

Copyright (C) Wizard System Laboratory Co.,Ltd All Rights Reserved.